金を買取ってもらいました

買取や売買にはあまり縁が無かったのですが、先日私個人で所有している金を買い取ってもらいました。
きっかけは年末に部屋を整理していた時に昔のシステム手帳からメープルリーフ金貨が出てきた事です。

少し驚きました、それは昔の彼女からもらった物で当時ある意味思いでの品です。
なぜか手帳に挟んでおいたのでその存在自体を長い事間忘れていました。いつか使う事があるかもしれないと、もらった時は思ったのですが、何時の間にかしまったまま記憶からも遠のいた存在でした、これが普通のお金なら忘れる事なく覚えているのに金等の資産に形を変えると人間わすれてしまう物です。
特に私はそうです、他にも株券がいきなり出てきた事もあります。

しかし彼女とも分かれて数十年経ち何時まで持っていても今の私にはコレと言った資産価値が判らず、思い出には遠い過去すぎてホントに普通の金貨にしか見えない物となっていました。
時間の流れは人の感情を風化させてしまう物ですがその金の輝きはもらった当時のままでした。
このまま持っていても良いのだろうか?、資産だから保管しておこうか?いっその事返そうか?様々な考えが浮かびます。
そして色々と考えた末に、今の彼女のクリスマスプレゼント用の資金に当てる決断にたどりつきました。同じ金の指輪を求めていたからです、同じ金でもその形を替えて今の人に渡そうと決めました。

しかし、いざ行動に出ると買取る所が近所に無くネットで調べても詳しい金額が様々でよくわかりません。
しかし物事はある意味勢いなので、家から一番近い店を見つけて思い切って行きました。
その場で持参した金貨が本物かどうか鑑定してもらいました、初めてなので少しドキドキした感を覚えてます、そして「本物です」と結果が出て一安心。

その後に買いとり金額が電卓で提示されましたが、あまり迷うことなく合意し私の金貨を買取してもらいました。
随分と時間をかけて悩んだ末の行動でしたが、現実はなんだかアット言う間の出来事です。
そしてその日のうちに彼女と待ち合わせて、以前から目を付けていたショップで一緒に指輪を買いました。
当然買うための資金繰りの経緯は内緒です、話したら不信感を持たせるだけだと思うし、彼女が理解するのも時間がかかるでしょう。
結果的には凄く喜んでもらったので、自分の中でこれで良いと思う事にしました。
少しの後悔がありながらも未来への希望の為に、過去の金を手放したわけですがもう後戻りは出来ないのでこの出来事が良い結果になる事を祈ってます。