金保有の利点と買取時の利点

近年の円高によって日本国内でも様々な影響が出ています。
円やドルと言った為替の取引にはこの為替変動リスクという危険がつきまといます。
このリスクは財政や、政策によって左右されることが多いです。

特に近年の円高は金融危機が影響していると考えられます。
このように為替リスクは様々な事情や事象に左右されます。そしてこの変化は簡単に引き起こされます。
もし資産を外貨などに変化させたとしても、この為替リスクを意識していかなければなりません。
そしてこの為替は放置していても必ず元に戻るとはいえません。

このリスクをなく、資産をいかにリスク少なく運用するか。この答えは「金(ゴールド)」です。
金による投資は「先物取引」と呼ばれるものです。この金は昔から通貨などに使われたり、物々交換などに使われていました。またこの金、近年まで紙幣と交換できる、価値の高いものでした。
しかし現在は、紙幣との交換はできませんが今現在でも各国の中央銀行が支払準備金としてこの金を保有しています。

このように金には現在も価値があり、また貴重なものとして取り扱われている事実があります。

そこでなぜこの金が、リスクの少ない投資の目的として選ばれているのでしょうか。
まずはじめにいえることとして「純粋に危険が少ないこと」があげられます。

紙幣は国が破綻や金融危機が発生すると、インフレが生じて貨幣価値がさがってしまいます。日本では考えられませんが、外貨の種類によっては、このインフレも考慮に入れておかなければなりません。
しかし金はどこの国でも金として扱われるという、普遍な物質であり、また無くなったり、壊れたりすることもありません。
また近年、金の値段が高騰しつづけています。これは貨幣や株価の不安により金に対して注目が集まっているからです。
この金に投資をすることはきわめて安全といえます。
次に挙げられることとして「リターンが大きい」ということです。
先ほども述べましたが、金の価値が近年上がっていっています。インフレによる影響もなく、また価値が上がり続けている金に投資をすることは、リターンについても大きな期待をすることが出来ます。

さらに良い面としてあげられることとしては「安心感があること」です。
金は実物資産ですので、持っていることに対して安心感があります。貨幣は通帳に数字で表紙されますし、株券も「持っている」という意識は少ないです。
しかし金は実物として存在しますので、このことに対して安心感をもたらしてくれます。

最後になりましたが金は買い取る際も良いことがあります。
金は重さで買い取られます。その「金」はインゴットと呼ばれるいわゆる「金の延べ棒」でも当然買い取ってもらえますし、コインや指輪と呼ばれるものでも買い取りがなされます。
またこの重さも少量からでも買い取ってもらえるという点で、やはり良い点であるとおもいます。

このように金はとても取り扱いがしやすい投資目的物であり、また現在金が自宅にある場合、一度その価値を調べてみると、意外に資産を保有していることに自覚することでしょう。